バリが誇る「ウブドの重鎮」

バリ島 ダンス バリで文化観光するなら伝統舞踊はマスト!ダイナミックなガムラン演奏を楽しみたい学生 団体 旅行をご計画なら、ウブドでひときわ存在感を放つ舞踊団・サダ・ブダヤがおすすめです。バロンダンスは、インド叙事詩『マハーバーラタ』を演劇用として1930年代に脚色したストーリーを下敷きとしています。ダイナミックなガムラン演奏の中で善と悪の戦いが繰り広げられます。

サダ・ブダヤ(バロンダンス)

口コミ一覧

泉ここや | 男性 | 30代
ご利用メニュー:
ガムランの演奏も良かったですし、バロンの登場と共に舞台も更に明るくなりました。踊り手の派手な衣装は遠くから見ていても目立ちました。魔女ランダもすごい格好してましたね。(笑)バロンダンスは以前もバトゥブランで見た事があるのですが、ウブドで見るダンスが一番お勧めです!!!

笑った獅子舞じゃね~よ!

満足度:1
2013年05月23日
おさむ  | 男性 | 20代
ご利用メニュー:
ストーリーの粗筋は把握して見に行きました。彼女が何だか笑った獅子舞みたいね・・・王子が変身した姿ですが (^^ゞ・・・彼が善で、悪と戦い、死闘が続いて・・・かろうじて善が勝つパターンと引分(悪は滅びない?)のパターンが有るらしいのでエンディングを楽しみに見てました。今回は・・・内緒です。結末が分って見に行って見に行くと詰まらないでしょ!
佑樹 | 男性 | 30代
ご利用メニュー:
物語を突き詰めていくと、哲学や文学になりそうです。いつの世にも善と悪は存在します。問題はバランスという結論です。まっ、悪があるから善は何かを理解する訳で、善が無ければ悪は何なのか?分らなくなるし・・・ほ~ら、文学・哲学に入っていくでしょ?終わりなき戦いは、現代でも続いてますね。物語の終焉は、戦いが続くネバーエンディングなパターンと、かろうじて善が勝つパターンがあるらしいです。これは見方次第かも?物語を知らないと魔女の魔法で村人が自害とか分らないので、ちょっと勉強してから見る方が良いですね。

何回か見ているバロンダンス

満足度:1
2013年05月06日
ゆり | 女性 | 20代
ご利用メニュー:
バロンダンスは何回か見たことがあるのですが、ウブドで鑑賞するのは今回が初めてバロンが登場してから私は、ずっとカメラを構えていました。バロンのあの顔~~動きひとつひとつが獅子舞みたいで可愛いなと思いました。